医療アートメイクなら初めての方も安心

アートメイクを初めてするという方なら、デザイン力にも優れ豊富な施術実績を持つドクターや専門の看護師が施術を担当してくれる医療アートメイクがおすすめです。
安全かつ安心の環境で施術が受けられるよう、クリニックやサロンの環境や施術方法も事前に確認してカウンセリングを受けるようにしましょう。
肌に触れるものは全て使い捨てで感染症の予防体制が万全であることや、色素がMRIにも対応しているなど将来的な不便もないものを使っているところがベストです。
使用する色素によっては、年月の経過に伴い黒やブラウンのマユやアイラインが赤やピンク、ブルーに変色しまうことがあります。
そうした変色がない色素を用い、お肌の色や瞳の色、髪の色とのバランスを踏まえて自然に馴染む色で仕上げられると後から悔やみません。
自分でメイクを施したような自然な仕上がりになり、他人に違和感を与えず、気づかれることなく過ごせるような技術やデザインを持っている実績あるところを口コミや体験談、公式サイトなどを通じて探すといいでしょう。

自マユがコンプレックスの方にもおすすめ

アートメイクで一番人気といってもいいのが、マユブロウです。
女性の中にはトレンドの細マユや、太マユなど時代の流行に合わせてアイブロウを引くために、自マユをほとんど剃ってしまっている方もいるかもしれません。
自マユがないとスッピンの際に不自然な顔となって恥ずかしくて人と会えないケースもありますが、アートメイクを施していればスッピンでも気軽に過ごせます。
また、マユが太すぎる、ゲジゲジで形が悪い、マユ毛がほとんどないなどでコンプレックスを持っている方も、理想的な美しいスタイルに施術してもらえば、手間暇をかけて剃ったり、毎朝いちいちアイブロウを引いたりしなくても、施術後は自信を持って過ごすことができます。
自分で剃るなどしていじりすぎ、マユが眉弓筋からずれてしまっているとフェイスバランスが崩れ、お顔の印象も悪くなってしまいます。
お顔立ちやお顔のバランスに配慮したデザインで形作りことができれば、お顔の立体感がより際立って小顔に見せる効果ももたらします。
デザインを行う際には、45センチといわれるパーソナルスペース以上に離した距離から大きな鏡と手に持った間近の手鏡を見ながら行うことで、美しいデザインが描けるため、どのような方法でデザインをしていくかもこだわっているところで行うのがおすすめです。
目を美しく見せるバランスに配した究極のカーブをつけ、鼻筋からつながる眉頭にぼかしを入れることで自然で魅力あるマユへと仕上げることができます。
1ミリ単位の調整にこだわったきめ細やかなデザインができる技術と、親身な対応をしてくれるクリニックやサロンを探し当てましょう。

口紅の塗り直しが面倒な方にもおすすめ

リップはいかにも口紅をつけたというよりは、血色のよい自然な仕上がりが目指せますし、常に口紅をつけているような色もチョイスできます。
唇への刺激も心配なく、ダメージも最小限に抑えられます。
フルリップは血色がない、色味が薄い、黒っぽいなどの色でお悩みの方や、唇が薄い方や、下がってしまっている方、唇の山や溝が無いなど形にお悩みの方をはじめ、口紅を塗り直すのが面倒という方や、口紅が合わない方にも活用されています。
顔のバランスに配慮して、唇の縁と全体に色を入れて美しい唇が目指せます。
施術2回程度で定着し、その後はリップクリームなどで保湿をすれば、艶やかになり、口紅を塗る手間は省けます。
グラデーションリップは加齢などにより唇の輪郭がぼやけてきたと感じた方に人気で、フルリップに比べ、リップラインとそのラインを内側へぼかすように色素を入れ込み、リップラインだけが強調されないように仕上がります。

アートメイクの除去施術について知りたい人はこちらへ